--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-07-22

コスメティックの基本はスキンケアから

よくスポーツではイメージトレーニングが大切だといわれていますが、コスメティックに関しても一番基本となるスキンケアが重要になります。スキンケアの基本のコスメティックといえば化粧水と美容液、乳液やクリームなどです。順番に使っていくことで肌に必要な栄養分を与えて保湿を行い、健やかな肌を維持できます。

化粧水を使うときもただ保湿するだけでなく浸透させることを意識すると良いです。水を土に与えて植物を育てるように乾燥した肌に化粧水を補うことは健康的な肌を育てることでもあり、そのイメージがより良い状態にしてくれます。少しでも意識して保湿をすると肌が綺麗になった感じがしますが、その感じが良いともいえます。

より馴染みやすくするためには化粧水や美容液を温めるのもおすすめで、人の体温は約36度ほどですが手に取った化粧品を少し待って体温に近い温度にすることで肌にも馴染みやすくなります。効率よく浸透させるには手軽に人肌の温度にするという方法もあります。スキンケアは早く始めるほど効果も期待できますし、手遅れということもありません。意識して始めることは直ぐにでも出来ますし、浸透させるということにポイントを置くことでこれからの肌の状態も変わっていく可能性も高いです。

多忙だときちんとスキンケアをしたくても時間がなくて簡単に終わらせてしまうことも少なくありません。ただ、朝のメイクをする前にしっかりとスキンケアを行うことでメイクのノリも違ってきます。メイク崩れも起こしにくくなるので朝の効率の良いスキンケアを意識するのがおすすめです。

省けるものには朝の洗顔フォームでの洗顔があります。寝る前にしっかりクレンジングをすれば、寝ている間は汚れやほこり、顔の余分な皮脂ぐらいなので洗顔フォームを使わなくてもぬるま湯だけで十分です。洗顔後に化粧水や乳液を丁寧につけたいときは朝からシートパックを活用するのが良いです。コットンで念入りにつける時間も短縮できて、シートパックでしっかりと潤った肌はメイクノリも良くて化粧崩れがしにくいです。香りが良いシートパックだとリラックスも出来て気持ちにも余裕が出てきます。忙しい朝は効率の良い時間の使い方を意識して最適なスキンケアを行っていくとイライラしなくなります。

2017-07-21

シンプルケアで肌の健康を保つIPSコスメ

30歳を過ぎた頃から、肌の衰えに悩む女性が多くなります。
肌老化の約8割を占めると言われているのが、光老化です。光老化というのは、紫外線の影響によって起こる老化です。
紫外線は、波長によって種類が異なります。地上に届いて肌に影響を与えるのが、UVAとUVBの2種類です。このうち、光老化を促すのがUVAです。UVAは、肌の真皮層まで届きます。そして、肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンを劣化させます。肌の弾力がなくなることで、たるみやシワが発生し、紫外線の刺激によりメラニン色素が増えることで、シミの原因になります。
肌を紫外線から守るために、多くの女性が日焼け止めを塗って外出します。ドラッグストアでもネットショップでも、様々なメーカーの日焼け止めを販売していますが、最近女性の間で人気を集めているのが、IPSのUVプロテクションクリームです。
IPSのUVプロテクションクリームは、2種類のサンスクリーン剤が紫外線のダメージから肌を守って食えます。さらに、IPS独自の美肌顔料のおかげで、ツヤと透明感のある美しい肌を維持することができます。UVプロテクションクリームは、適量を手に取ったら、ムラなく肌になじませていきます。汗をかいた場合は、こまめに塗りなおすことが大事です。
IPSのUVプロテクションクリームは、ベタベタせず、軽い使い心地が人気です。
朝の洗顔後に、IPSの日中用美容液を肌になじませると、透明なバリアで肌を包み、日中の様々なダメージをブロックします。紫外線や大気汚染から肌を守るために、独自のAOC6という成分や厳選された植物エキスが贅沢に配合されています。
夜用美容液には、AOC10が配合されており、肌が本来備えているリカバリー機能をサポートします。肌のエイジングサインにダイレクトにアプローチして、ハリや弾力のある美しい肌へと導いていきます。夜用美容液を就寝前に使うことで、よりダメージをリセットできます。

2017-07-20

ダイエットをするのなら良質な油をとろう

ダイエットをしている方はたくさんいますが、体重だけ落とせばいいんだと考えてる方が多く、無茶なダイエットをしがちです。
万年ダイエッターという言葉があるように、一年中ダイエットをしている方もいるのですが、せっかくダイエットをするのであればリバウンドをしにくく、一度で理想の体型をキープできるようにするのがおすすめです。
例えば特に痩せようと考えている人が行ってしまう間違った行動の1つに、脂を絶つというものがあります。お肉を食べないようにしたり、てんぷらの衣をとって食べたりというのはやはり健康的なことだとはいえません。
痩せたい時には肉や油を全くとらないのではなく、肉であれば赤身のものを選んだり、脂肪分を少なめのものにしたりして工夫をすると良いです。
痩せたい時に肉を食べるべきというのはお肉を食べることで脂肪燃焼効果が高まるからです。油も然りで、油をとる時には痩せる効果がある油を使えば良いのです。痩せる油でおすすめなのはオメガ3タイプのものです。例をあげるのであれば亜麻仁油やえごま油です。またオメガ3を含んでいるものといえばクルミや鰯やさば、ニシンなど魚の油もそうです。
そして油の製法にも注目しておきましょう。オメガ3の豊富な油は酸化しやすいというデメリットもありますので、できれば一番搾りや玉締め製法、コールドプレスなどで製造されたものがあればそういったものを選ぶといいです。あとはできれば指し油などをせずにこまめに新しい油を使うようにするといったやり方をすることでいつでも新鮮で良質な油を使うことができます。
また痩せたいと考えた時には料理の見た目をカラフルにするというのも良い方法です。
例えばエビの料理を作った時にはお頭や尻尾がついていたり、野菜にカラフルな色を取り入れてみたりするだけでも満腹中枢が刺激を受けるのです。
そうすると、いつもより少ない量を食べていてもおなかがいっぱいになったと感じることができてダイエットに役立ちます。

2017-07-19

コスメティックは保管方法も大切です

コスメティックにも寿命があります。保管方法を間違えてしまうと腐ってしまいます。
どんなに優秀なコスメティックであっても、腐ってしまったものでは良い効果を期待することはできません。特に開封したものについては、空気に触れてしまうことで変質が進んでいきます。空気に触れることで酸化したり、雑菌が繁殖することで変質してしまえば、本来の力を発揮することはできません。
劣化してしまったものを使うと、シミやそばかす、色素沈着、くすみ、ニキビ、吹き出物、かぶれ、かゆみ、といったものの原因になりますので注意しましょう。
目安としては、スキンケアや化粧下地、クリームチークといったものは半年程度です。
日焼け止めなども半年程度ですから前の年に使ったものを翌年に使うのはよくありません。水分が多いほど傷みやすくなりますし、雑菌に触れやすいものほど傷みやすいです。マスカラやリップクリームなどは三ヶ月程度が目安となりますので注意しましょう。
保管の状態が悪いと劣化しやすくなります。
高温多湿を避けることや直射日光を避けるといったことは大切です。
冷蔵庫で保管するという方法もありますが、出し入れすることで温度差によりかえって劣化が進みやすくなることがありますので注意しましょう。雑菌に触れることはよくありません。
フタをしっかりしめることや清潔な手で扱うといったことは大切です。
一度出したものを戻したり、スパチュラを利用するといったことも雑菌を増やさないために注意しましょう。メイク道具など道具類を清潔に保つということも必要です。コスメティックに触れるものは清潔に保つように心がけましょう。
購入してから時間が経過しすぎると未開封でも劣化してしまうことがあります。購入日を書いておくなどの工夫で把握して、古いものが残らないようにしましょう。保管場所の状態が悪いと開封前から劣化の心配が出てきます。食品を保管しても問題がないような、高温多湿や直射日光を避けられる場所に保管するようにしましょう。

2017-07-17

シンプルケアで肌の健康を保つIPSコスメ

30歳を過ぎた頃から、肌の衰えに悩む女性が多くなります。
肌老化の約8割を占めると言われているのが、光老化です。光老化というのは、紫外線の影響によって起こる老化です。
紫外線は、波長によって種類が異なります。地上に届いて肌に影響を与えるのが、UVAとUVBの2種類です。このうち、光老化を促すのがUVAです。UVAは、肌の真皮層まで届きます。そして、肌の弾力を支えているコラーゲンやエラスチンを劣化させます。肌の弾力がなくなることで、たるみやシワが発生し、紫外線の刺激によりメラニン色素が増えることで、シミの原因になります。
肌を紫外線から守るために、多くの女性が日焼け止めを塗って外出します。ドラッグストアでもネットショップでも、様々なメーカーの日焼け止めを販売していますが、最近女性の間で人気を集めているのが、IPSのUVプロテクションクリームです。
IPSのUVプロテクションクリームは、2種類のサンスクリーン剤が紫外線のダメージから肌を守ってくれます。さらに、IPS独自の美肌顔料のおかげで、ツヤと透明感のある美しい肌を維持することができます。UVプロテクションクリームは、適量を手に取ったら、ムラなく肌になじませていきます。汗をかいた場合は、こまめに塗りなおすことが大事です。
IPSのUVプロテクションクリームは、ベタベタせず、軽い使い心地が人気です。
朝の洗顔後に、IPSの日中用美容液を肌になじませると、透明なバリアで肌を包み、日中の様々なダメージをブロックします。紫外線や大気汚染から肌を守るために、独自のAOC6という成分や厳選された植物エキスが贅沢に配合されています。
夜用美容液には、AOC10が配合されており、肌が本来備えているリカバリー機能をサポートします。肌のエイジングサインにダイレクトにアプローチして、ハリや弾力のある美しい肌へと導いていきます。夜用美容液を就寝前に使うことで、よりダメージをリセットできます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。