--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-03-05

ホルモンバランスを整える

肌が荒れてしまう原因の一つに、ホルモンバランスが崩れてしまうことが挙げられます。
特に女性に多いそうですが、ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンが多く分泌され、皮脂の分泌も多くなり、結果毛穴が詰まる、ニキビができるといった肌荒れの原因となるそうです。
ホルモンバランスが崩れる原因は様々ですが、偏った食生活や短い睡眠、運動不足など、基本的な生活が乱れると起こりやすいといわれています。
特に働き盛りの若い人には多いでしょう。私も若いころは体力があるから無理したことが多々ありました。徹夜も何度したかわかりません。
その時は若さがカバーしていたかもしれませんが、人間は20歳を過ぎたあたりから老化が少しずつ始まります。疲れはどんどん体内に蓄積され、30歳ころにもなればはっきり体力の衰えを自覚するでしょう。
肌も衰えていくもので、せっかく念入りにお手入れしていても不規則な生活によって肌が荒れてしまう人は少なくありません。荒れやすくなる、ともいえるので、年齢を重ねるにつれて生活習慣にはさらに気をつけるべきだと思います。
一日三食バランスよく食べ、しっかり睡眠をとり、ウォーキングや軽い筋トレ程度でいいので運動をする。この三つが生活習慣を整える要と言えます。
今すぐすべてに取り組むというのも難しい話だと思うので、出来るところから少しずつ取り組み、ホルモンバランスを整えるようにしてください。
女性だけでなく男性も要注意です。無理ばかりしていては後で必ずしっぺ返しが来ます。
肌を守ることは体を守ることだと思っていいかもしれません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。