--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-01-20

ビタミンが与える肌への健康効果

こんにちは。今回はビタミンが与える肌への健康効果を紹介したいと思います。
よく聞く名前ばかりなので、ぜひ覚えて日ごろの食事に組み込んでもらえればと思います。
ビタミンA:(乾燥肌に良い)
・皮膚や粘膜の新陳代謝を促し、健康に保つ。
・最近への抵抗力を増し、風邪などの感染症にかかりにくくする。
・ガンを抑制する。

ビタミンB2(リボフラビン):(ニキビ肌に良い)
・糖質の代謝を促進し、健康な皮膚や髪を作る。
・体内で過酸化脂質を分解し、さまざまな成人病を予防する。
・皮膚や構内の粘膜の発育を助け、保護する。

ビタミンB6:(にきび肌に良い)
・タンパク質や脂質の代謝に関わり、健康な皮膚や髪を作る。
・免疫機能を正常に維持する。
・抗アレルギー作用、解毒作用がある。

ビタミンC:(しみ・そばかすに良い)
・細胞の結合組織であるコラーゲンの合成に働き、血管や皮膚を強くする。
・しみのもとであるメラニン色素の生成を抑える。
・抗酸化作用、抗ガン作用、抗ウィルス作用、解毒作用がある。

ビタミンE:(シミ・そばかすに良い)
・過酸化脂質を分解し、細胞膜、生体膜を活性酸素から守る⇒老化防止
・毛細血管の血行を良くする。
・肌の新陳代謝を促す。

ビタミン類は果物、緑黄色野菜、大豆、魚、一部肉などに含まれています。何でもバランスよく食べることが大切です。一日30品目とよく言われますが、それを目指して健康的な栄養バランスを保つようにしましょう。そうすれば、美肌への近道となるはずです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。