--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-08-31

若い見た目は目から。まぶたを守る習慣とは?

毎回美容液のことを書いているので、今回は少し路線を変えて、まぶたについて書こうと思います。目のことではなくまぶたのことなので、マニアックに感じた方も多いと思います。しかし、若さを保つためには目、とりわけまぶたが重要となります。
まぶたがたるんでしまうと、目が小さく見えてしまいます。老けこんでも見えるため、出来ればぱっちりとした目を常に保ちたいものです。そのためには、まぶたがたるまないようにする習慣が大切です。
さて、それではどのようにすればいいのでしょうか。まずは、長時間パソコンやスマホを見ないようにしましょう。長時間使うことで目に疲労がたまり、目の下に血液や老廃物かとどまってしまうそうです。これにより、目のたるみが引き起こされてしまいます。
使うときは1時間に1階休憩をとるなど、工夫をしてください。
次に、目の周りの乾燥対策をしていないことです。目元の乾燥は目のたるみの原因となります。たるみだけでなくしわの原因にもなるらしいので、さらに老け込んでしまうかもしれません。保湿の際、美容液を目の周りにも塗るなどして乾燥対策をしましょう。アイクリームという目元用のアイテムもあるので、ぜひチェックしてください。
最後に、目を何度もこすらないようにしましょう。目をこするのは直接的なダメージになってしまいます。まぶたの筋肉が伸び、それがたるみにつながってしまうので気をつけましょう。
また、メイクをこするときも強くこすってはいけないようです。優しく指でなじませながら落とすとダメージが少ないようなので、おすすめです。
みなさんぜひ目元にも注意して、エイジングケアをしてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。