--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-07-27

食生活から考える肌の健康

現役をリタイアしてからは家にいることがほとんどなので、これまで家事を頑張ってくれた妻に代わり掃除や料理をする機会が増えました。
完璧にこなそうとするとどうしても難しく、いい年をしてまだまだ家事においては初心者です。
しかし妻は何も文句を言わず、覚えたての私の家事をサポートしてくれます。どうすれば効率よくできるのか体が覚えているようで、いつの間にか楽になっているので心底感心しています。
さて、今回は料理について書こうと思います。食事は健康の基本です。何をどのように調理して食べるかで効果はまったく異なります。最近は肌の健康も考えているので、それに合わせたメニューを調べることが多いです。
たとえば肌を若々しく保つには、ビタミンA、C、E、ポリフェノール、カロテノイドといった成分が必須です。
ビタミンAはレバーやうなぎ、ほうれん草といった食品に多く含まれます。ビタミンCは果物全般、キャベツ、サツマイモ、かぶなどにも含まれます。ビタミンEは大豆、玄米、カボチャに含まれます。
ポリフェノールはブルーベリー、そば、ごまなどに含まれます。
カロテノイドは鮭、海老、にんじん、トマトなどに含まれます。
以上は一部なのですが、中には複数の成分を含んでいる食品もあります。どの食品と組み合わせて食べるかによっても変わるので、いろいろと試してみることをおすすめします。
脂っこいものや糖分の高いものはあまりおすすめしません。たまに食べるくらいならいいですが、頻繁に食べている人は量を決めるなど工夫が必要です。
野菜や肉、魚介類中心の食生活にすると、効率よく肌にいい成分を摂れると思います。後は料理しだいですが、なるべくおいしく、ヘルシーに食べるよう調理法を考えるといいと思います。
私ももっと料理の腕を上げて、健康維持に努めたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。