--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-05-22

美しさにつながる食事

スキンケアを行うことで、もちろん美肌を目指していけるのですがそれだけではなく、体の中からきれいになることで、より美しい肌を手に入れることができます。
体の中からきれいになるために大事になるのが食事です、よく自分の食べたものが自分の体を作ると聞くかもしれませんが、あながち間違ったことはいっていないと思います。ただ、ダイエットを意識しすぎて偏った食事になっていたり、美肌=コラーゲンやビタミンと思ってコラーゲンやビタミンの入っているものばかり気にして食べていたりしませんか?今までにもお話してきたかもしれないですが、食事はバランスが一番大切です。何かだけを偏って取るのではそれがいくら体に良いのもので、バランスが崩れてしまいます。太るからとお肉は食べないというのも、タンパク質不足になり、体調不良を起こしてしまいます。タンパク質不足になると、疲れやすく、眠りも浅くなってしまうので、体力が減退し、体調を崩しやすくなってしまいます。基本的には、様々な食材を食べることが大事なのですが、美肌につながりやすい栄養素というのはありますので、それをご紹介していきます。まずはビタミンAです。抗酸化作用があり、肌や粘膜を強くしてくれます。植物性食品の中ではβカロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。鶏レバー、うなぎ、ニンジン、ほうれん草、カボチャなどがビタミンAの摂取に効果的です。あとは、ビタミンCも美肌に大事な栄養素です。メラニンの働きを抑えてくれるのでシミ対策にはビタミンCです。パプリカやブロッコリー、イチゴやキウイなどの果物にも多く含まれています。そして最後にタンパク質も美肌のためにお勧めの栄養素です。卵や魚、赤身のお肉など、脂質を取りすぎない料理法でしっかり肉、魚も摂取して、タンパク質も摂取してほしいです。バランスの良い食事に大事な栄養素のちょっとした意識で全然違いがでてくると思いますので、是非意識した食生活を送りましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。