--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-20

肌はどこまで白くできる?

こんにちは。
美白のことを調べていたのですが、興味深い記事を見つけたので紹介します。
美白というと、スポーツなどで日に焼けてしまったから…と最初からあきらめモードの人が多いです。しかし、どのくらいまで美白ができるかというと、太ももやおなか、二の腕など、全身の中で一番色白の部分まで白くすることができるそうです。
顔は日に焼けているけどおなかや太ももは白いという人は、努力次第で顔もそのくらい白くすることができるということです。これには驚きました!
もともと肌の色は、半透明な角層とイエローブラウンのメラニン色素、そして肌表面のそばを通る血管の色が合わさった色です。メラニン色素よりも角層の潤い力や血色がいいと透明感のある肌になり、みずみずしく見えます。
反対に、古い角質が肌の表面に蓄積されると、透き通った肌色ではなくグレーが入ったくすんだ色になります。いわゆるこれが「くすみ」で、肌が若干黒く見えます。
寒さや栄養不足からの血行の悪さなどでもくすみは発生するので、美白を目指す人は生活習慣や食べているものを見直す必要があります。
もちろん肌の色は生まれ持ったものです。しかしスキンケアや過ごし方によって、できる限りの美白を目指すことができます。
紫外線や洗顔時の摩擦、加齢の影響が大きいといわれているため、これらに注意して生活すれば何歳でも美白を目指すことができるでしょう。
美白美容液や美白専用のアイテムなど、いろいろなアイテムが販売されています。もしこれらを使ってケアをしても美白にならないという人がいたら、基本の生活習慣を見直してください。
健康な肌には健康な体が欠かせないことを忘れないようにしましょう!
スポンサーサイト

2016-11-10

「たまに」でいいスキンケア内容

こんにちは。スキンケアについて調べていたら、毎日しなくてもいいスキンケアの内容もあると知りました。今回はそれらを紹介したいと思います。
まずは、蒸しタオルです。暖かい蒸気を顔に当てるのはリラックスできてとても気持ちが良いもの。リフレッシュできると思う人がほとんどだと思います。しかし。あまり毎日してしまうと毛穴が収縮しにくくなったり、肌に赤みが出てしまったりといったこともあるそうです。
するとしても週に1回程度にして、蒸しタオルで毛穴を開いたらたっぷり美容液で保湿しておくようにしましょう。
次に、シートパックです。化粧水や美容液、乳液といった基礎のスキンケアは、誰でも毎日行うものです。しかしさらにシートパックを加えると、少しやりすぎな傾向にあります。
肌に栄養を与えるのは大切なことですが、過度にしてしまうと肌の確執がふやけ、不安定な状態になってしまいます。乾燥や肌荒れの原因にもなるそうです。
こちらも週に1回程度にして、乾燥やシミが気になったときは連日使用して様子を見るなど、バランス調整するといいでしょう。
これら二つは基礎化粧品と一緒に毎日使っている、という人が少なくないと思います。今の肌の状態をよく観察して、もし荒れ気味だったら一度使用をやめてみるなどしましょう。自分の肌を守れるのは自分だけなので、毎日鏡で確認してあげてください。自分に一番合っているスキンケア方法を見つけ、適度なバランスで時に調整していくのがいいそうです。

2016-11-01

内側から肌をきれいにする

肌は内側からもきれいにすることができます。ほとんどの人は化粧水、美容液、乳液を使ってケアすることが最も大切だと思っているかもしれません。たしかに大切なことですが、それは外側だけのことです。肌は健康と直結しているため、内側からもきれいにすることができます。今回は肌と内臓の関係について書こうと思います。
美肌は、肝臓との関係が深いです。栄養素のほとんどは省庁で吸収され血管に入り、血液によって肝臓に運ばれます。そこで必要なものは体に取り込まれ、不要なものは排出されます。肝臓は沈黙の臓器といわれるほど、不調がなかなかわかりにくいことで有名です。
私たちは食事や呼吸をすることで、多少の有害物質や添加物などの不要物を体内に入れてしまいます。肝臓はこれらを代謝し、分解して無害化する働きを持っています。つまり体に入った毒を解毒するために黙々と働いているのです。
負担を強いられても働き続ける肝臓は、重症にならなければ自覚症状が出てきません。突然体調不良になったかと思えば、取り返しのつかない状態に…ということも珍しくはないのです。そのため、普段から健康な状態にしておく必要があります。肝臓だけでなく、他の内臓でも同様です。
美肌になるため、保つためには内臓の健康が不可欠です。それには正しい食生活や生活習慣が問われます。普段から自分の体をいたわって、健康志向でいる必要があると思います。
内臓が健康であれば、自然と肌もきれいになっていきます。美肌を目指す人は外側だけでなく、内側からも肌をきれいにするよう目指してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。