--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-30

昔と今の美意識の変化 種類豊富な美容液

自分が若いころは、スキンケアを率先して行う男性はごく少数でした。それこそ男性向けファッション雑誌に載っているような人たちくらいで、一般的には化粧水、美容液といった基礎化粧品は女性だけが持っているものでした。
しかしそれから数十年経ち、美意識はどんどん変化していることを知りました。男性向けの美容液があるのはもちろん、若い世代向けの商品から私のような年代の人に向けた商品まであるので、多様化がどんどん進んでいるのだと思いました。
美容液の種類は本当に豊富で、男性用の商品がしっかりわけられていることがほとんどで驚きました。探しやすいですが、数え切れないほど商品があるということもわかったので、二重に驚いた記憶があります。
最近は私もスキンケアをするようになりましたが、効果てきめんなので現代の科学には脱帽です。心の底から便利な時代になったと思います。
テレビなどでも男性の美容について取り上げられることが多いですが、最近は恋愛面や仕事面でもスキンケアが欠かせないそうです。女性が男性に対して求めることとして、清潔感が挙げられます。スキンケアはそのうちに入るようです。たしかにきれいな肌をしている人はそれだけで清潔感があります。日々の食生活や生活習慣もしっかりしているのだろうと思います。
恋愛だろうと仕事だろうと、他者から客観的に評価されるものです。その時に肌がきれいだというのは、大きなアドバンテージになるのかもしれません。
美意識の変化について調べると、最近の若い人たちの環境を知ることができるような気がします。
スポンサーサイト

2016-03-23

男性のスキンケアに欠かせないアイテム

スキンケアに関して、男性は女性に比べると水分量が少ないといわれているので、化粧水や美容液の存在が必須となります。さらに細かい肌質に分けられるのは前回話したと思うので、今回は、それぞれのアイテムが肌に与える効果を紹介します。
まず、化粧水です。肌に潤いを与える基本のアイテムだと思ってください。肌を守るためには潤いをキープすることが必要です。化粧水は肌に潤いを与える最も基本的なアイテムです。水分が少なくなった肌は、乾燥から身を守るために必要以上に皮脂が出ることがあります。その皮脂が原因でニキビが増えることもあるので、適度に化粧水で潤いを与えるようにしましょう。
化粧水を塗った後、乳液を塗ります。乳液は適度な油分が含まれているため、保湿力が高く、化粧水の効果を維持するために役立ちます。
メンズ美容液は種類が多いですが、基本的にほかの化粧水、乳液と一緒に使っても問題商品ばかりです。テスターなどで肌によく浸透するかどうかを試してみて、一番いいと思った商品を使う…という感じで問題ないでしょう。
また、洗顔時ですが、不必要な皮脂をしっかり洗い流すために、普通の固形せっけんを使うのをおすすめします。石鹸は皮脂をきちんと落としてくれる成分が含まれているので、女性に比べて皮脂の量が多い男性の肌に合っています。ただ、肌質は人によって違うため、成分は一度チェックしたほうがよさそうです。
以上のように、化粧水、乳液、美容液、石鹸といったアイテムが男性のスキンケアに欠かせません。いろいろと知識が身についてきたら、好みの商品を選んでいくといいでしょう。

2016-03-15

男性のスキンケア 肌のタイプで方法を変える

今回は、男性のスキンケアを肌のタイプから考えてみたいと思います。調べてみると、男性の肌のタイプは脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌の4種類に分けられるそうです。脂性肌はてかりがちな油っぽい肌、乾燥肌はカサカサしやすい肌、混合肌は脂性肌と乾燥肌の両方を併せ持つ肌、敏感肌は肌トラブルが多い弱い肌です。私は子の中だと、脂性肌に分類されると思います。今回は脂性肌を中心に書いていきます。
これらどのタイプの肌も、自分の体質なので受け入れざるを得ません。大切なのはどのような対策をとるかということです。脂性肌であれば、できるだけ油っぽい肌にしないため、食生活を見直すことができます。単純に脂っこい食事を控えるだけでなく、脂質や糖質などの新陳代謝を活発にするビタミンB2、B6を含む食品をとるのも効果的だそうです。たとえばレバー、ウナギ、さば、いわし、乳製品などがそれにあたります。
脂性肌を抑えるために、これさえ食べておけば大丈夫、これを食べては絶対にいけない、というものはありません。むしろ適度な量なら油分は肌を守るために必要なものなので、まったくなくなってしまうことは避けたほうがいいようです。
バランスの良い食事や、新陳代謝を活発にするための健康的な生活が大切で、これは度の肌のタイプにも共通していることです。肌の状態は健康状態を如実に表すので、調子が悪いという方は生活習慣を見直すところから始めてみたほうがいいかもしれません。
私もより一層健康できれいな肌を手に入れるため、意識して過ごしていきたいと思っています。

2016-03-05

男性のスキンケアのコツ

調べてみると、男性のスキンケアにはいくつかコツがあるようです。もともと男性の肌と女性の肌では乾燥のしやすさ、皮脂の多さなどが異なるようで、それによって若干スキンケアの方法やコツが変わってくるとか。まだ調べ始めたばかりなので、知らないことだらけです。
今回はそのコツをまとめておきたいと思います。まずは洗顔です。
お湯は30度ほどのぬるま湯で、洗顔料を手のひらで泡立てます。皮脂の多い額や鼻からのせていき、泡で洗うようにします。最後、すすぎ残しが内奥しっかり泡を落とします。
次は化粧水です。洗顔後は乾燥するので、できるだけ早く化粧水を付けます。皮脂の少ないほほやあごに塗った後、皮脂の多い額や鼻に塗っていきます。手のひらに広げ、なじませるように塗るといいそうです。目元、口元なども乾燥しやすいため、指の腹で細かい部分まで優しくなじませていきます。
最後に乳液です。今度は強く擦りこむことはせず、肌の上から滑らせます。手の温度で人肌くらいに温めてから使うといいそうです。乾燥しがちな部分からつけて、次に額や鼻に着けていきます。
…こうして書いていくと、覚えられるわけがないと思ってしまいますが、実践している人の話を聞いてみると慣れれば当たり前のようにできるそうです。確かに、何事も慣れは大事です。まずは自分でもやってみて、少しずつ細かい方法を覚えていきたいと思います。
続けてみて実際に肌がどのような感じになったか、また報告したいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。