--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-27

娘夫婦の事、子どもの事

先日、娘夫婦が遊びに来ました。1才になる孫も一緒です。子どもには厳しく接して来た方ですが、やはり孫となるととてもかわいいです。ついつい甘やかしてしまいます。
孫を見ていると、娘の子どもの頃を思い出します。
子どもは、生まれてから1歳の誕生日を迎えるまでの1年間にものすごいスピードで成長します。
泣く事でしか感情表現できなかったのが、笑うようになり、怒るようになり、表情豊かになります。運動機能はずり這いからはいはい、伝い歩きから二足歩行…と、日に日に成長していきます。
二歳になる頃には少しずつ言葉を覚えてきますし、歩きが安定してくるので家の中を歩き回ります。興味や好奇心もわくのでいろいろなものを手にとっては口に入れます。本当に目が離せません。
家事や子育てはほとんど妻に任せていましたが、休日は子どもと一緒に過ごすことが多かったです。私は子どもを見ているだけでしたが、それでも大変でした。私がいない平日の日中などは妻が一人で家事と育児を同時進行していたと考えると、本当にすごい事だと思います。
なので婿には少しでも良いから娘を手伝え、と口酸っぱく言っています。
子育ては大変ですが、得るものも大きいです。自分が学ぶこともたくさんあります。それを娘夫婦にも感じ取ってもらえれば親として申し分ないです。
現役はリタイアしても、まだまだ健康でいられる自信があるので、孫の成長だけでなくひ孫も見られるくらい長生きしたいと思います。
スポンサーサイト

2015-05-20

意外と奥が深い、お菓子作りの世界

多方面に趣味を持つ妻に付き合って家事をすると、新しい発見がたくさんあります。
こんにちは、神奈川県に住む者です。現在は現役をリタイアして、子どももとっくに自立しているので、二人で静かに過ごしています。
仕事をしていた頃は家事を妻にまかせっきりだったので、今からでも少しずつ手伝おうと思いましたがとうていすぐ追いつけるものではなく…今もまだ教えてもらいながら挑戦している状態です。
この間はお菓子作りをしました。お菓子と言っても羊羹などのさっぱりした和菓子ですが、これがなかなか奥が深いです。
妻いわく、和菓子は洋菓子よりも作るのが難しいのだそうです。お菓子はほんの数グラム分量を間違えただけでも失敗してしまうほど、レシピ通りにやらないとおいしく作れないものです。それは共通しているので薄が、和菓子はさらに下ごしらえが多いので、時間も体力も必要だといわれました。
確かに羊羹を作った時は、水の加減や温度調節が大変でした。一番簡単なのは焼き菓子だといわれましたが、あんこを使う和菓子で焼くものと言うと、少し焼き色をつける団子くらいしか思いつきません。せんべいも和菓子ですが、これもこれで作るのは難しいそうです。
けれど、難しいからこそ挑戦する意欲がわくというもの。若者よりか力も体力もありませんが、妻よりはあるつもりなので、今度はもう少し難しい和菓子にも挑戦してみたいと思います。
意外と奥が深いお菓子作りの世界にのめり込みつつある最近です。

2015-05-13

神奈川の街、暮らしやすい街

神奈川在住の者です。神奈川といっても広いのですが、比較的交通の便が良いところに住んでいます。
よくテレビや雑誌などで、人気の住みやすい街、等のランキングが紹介されることがありますが、そのランキングに常連の、巷では有名で人気な街のようです。
たしかに、東京の方に電車一本で、ものの数十分で着いてしまいますし、さらに南や西の方に行けば自然がたくさんあります。海もあれば山もあり、寺社仏閣など伝統的、文化的な建物も多いです。
住みやすい上に楽しみが多いので、人気なのかもしれません。
暮らしやすい街は人によって定義が違うと思いますが、私たち夫婦は今住んでいる神奈川の町が住みやすいと思っています。
上に書いた交通の便や自然等の環境もそうなのですが、生まれてからずっと暮らしている町でもあるので、住みなれているところが一番、という考えの方が近いです。
私も妻も神奈川生まれ神奈川育ちです。都心部に生まれ育ったため都会っ子といえばそうなのかもしれません。あまり自覚はありませんが、うらやましがられる事は多いです。
ただ、自然の中での暮らしにあこがれるというのもあります。もう数年したら、友人や親せきのツテを借りて二人で山のふもとの小さな村で暮らせれば良い老後になるんじゃないかと話しているほどです。
住みやすい街ではあるのですが、もう人生の後半にとっくに入っている私たちにとっては、今住んでいる町は少しにぎやかすぎます。
穏やかな老後を過ごすために、そのような事を話しあいながら生活しています。いつか適う日が来ればいいのですが。

2015-05-07

たまにはこんな話も…妻と一緒に横浜へ行きました。

神奈川在住の者です。神奈川といっても広いのですが、おそらく横浜が県庁所在地なので一番有名だと思います。
この間、妻と一緒に久々に横浜へ遊びに行きました。遊ぶといっても観光地を巡って散歩する程度ですが、なかなか楽しめたと思います。
よく他県の方に勘違いされるのが、「横浜はすべて都会」ということ。確かに横浜駅周辺は人が多く店も多いので都会と言えるかもしれませんが、二つ三つ隣の駅に移動して路地裏に入れば閑静な住宅街が広がっています。ベッドタウンという奴でしょうか。
そして、意外と自然が多いです。横浜市の中でもかなり自然は豊富で、市街地でも環境面に気をつけているのか、あたりを見渡せば緑の多い公園や花畑等を見ることができます。
東京のようなコンクリートジャングルは、意外と少ないと思いました。もちろん東京もにぎやかで便利な街ですが、どちらかというと若者向けの街なので私たちのような初老の夫婦には横浜でのんびり散歩する程度がちょうどいいと思っています。
さて、赤レンガ倉庫や横浜中華街、山下公園、ランドマークタワーなど一通り巡った後は、ぼんやりと横浜港の近くで夜景を眺めました。
海は夜になるとほぼ真っ黒に映ります。昼間は青か透明に見えていたのがウソのようです。それに街の光が反射してキラキラと映り込み、時代を感じますがどこか幻想的にも感じます。しばらく二人で他愛もない話をした後、ゆっくり電車に揺られて帰りました。
特別遠いわけではありませんが普段行かないところだったので、家族サービス…というか、妻孝行になったのではないでしょうか。
普段家事ばかりの妻が楽しそうだったので何よりです。また行きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。