--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-16

井上会長がお勧めしていた上野公園へ、夫婦でお花見してきました

以前井上会長がラジオ番組でお話ししていたのですが、上野公園の桜が満開だそうで、ちょうどお花見をしようと夫婦で話していたのもあったので行ってきました。
本当にきれいに桜が咲き誇っていて幸せな気持ちになりました。
花を見ると心が安らぐのはどうしてでしょうね。不思議です。
家庭菜園なども苦にならないですしむしろ楽しんでいるくらいなので、もともと植物が好きなのかもしれません。
家庭菜園を始めたのは妻が以前からひとりでやっていたのを見ていて、私が定年退職してから手が空いたので本当に思いつきで始めた感じでした。
やはり結婚した者同士、性格が合っているのでしょう。妻が楽しいと思うことは私がやって楽しいですし、私が楽しいと思う事を妻も楽しそうにやってくれます。だからここまで続いているのかもしれないと、ふと思いました。
現役時代、よく後輩や同僚から「夫婦長続きの秘訣は?」と聞かれる事がありました。特にないと答えていましたが、その当時は本当にないと思っていました。
こうやって性格が合う事が当たり前だと感じていたから答えようがなかったんですね。
仕事をしなくなって家にいる事が多くなり妻との時間を長くとるようになったからこそ分かります。私たち夫婦の長続きの秘訣はなんでも一緒に楽しむことです。
花見でもなんでも、一緒に楽しむ心は新婚夫婦と熟年夫婦を問わず変わらないままが良いということだと思いました。
井上会長がまたどこかお勧めスポットを紹介されていたら、夫婦で行きたいと思います。

スポンサーサイト

2015-03-10

最近は家庭菜園に力を入れています。

こんにちは。最近は妻と一緒に家庭菜園に力を入れています。まさかこんなに家庭菜園にのめり込むとは私自身思っていなかったのですが、これが意外と面白いので、ぜひ皆さんにも始めてほしいと思っています。少しでもこのブログで魅力を伝えられていればうれしいです。
家庭菜園ですが、季節の野菜を作る他に、観葉植物を育てたりもしています。
意外だったのは、バラの栽培がそれほど難しくないということです。手入れが難しく一般家庭での栽培は手間暇がかかると言われていますが、実際に始めてみたらそんな事はありませんでした。品種によっても育てやすさに違いがあるようなので、もし育てたいと思っている人は花屋の店員さんに聞いてみると良いと思います。
花は毎日話しかけると成長しやすくなると言います。特に綺麗だと声をかけ続けるとその通り、きれいに咲くのだそうです。不思議ですが、本当にそうなるらしいので、妻と一緒に毎日一言二言声をかけるようにしています。
毎日少しずつ姿を変えていくので、そこに楽しみを見出しているのだと思います。丁寧に育てれば最終的に綺麗な花が咲いたり、果実が実って収穫できたりと達成感もあります。
植物の種類はたくさんあるので、これからもしばらく続けていけそうな趣味になったと思います。これも以前書いた、井上会長が語っていた生活のエッセンスになっているのではないでしょうか。
我が家の家庭菜園がもっとにぎやかになるように、今後も張り切って育てていきたいと思います。

2015-03-04

ヒューマンアドバイザーの井上会長が語る、生活のエッセンス

いつも聞いているラジオの出演者、井上会長は様々なジャンルのためになる話をしてくれます。そのラジオを聞くのが楽しみになりつつあります。
この間井上会長が語っていたのは、日々の何気ない生活にほんの少しのエッセンスを加えるということ。
いつもの帰り道を少し遠回りしたり、近所の小さな公園に散歩に行ったり、一度も行ったことのない地元のお店に足を運んでみたりなど、身近だけどしたことがないということを少しずつ取り入れるだけで、驚くほど日常が楽しくなるという話でした。
私は特に地元のお店に足を運ぶという事は盲点だったと思いました。
出かけるにしても外食するにしても、やはり地元より少し離れたところに行くと思います。しかし自分の住んでいる町にもたくさんのお店があり、場所によっては何十年にわたって運営しているところもあります。
身近な店ほど行かないというのは他でも聞いたことがありますが、自分がまさにそうでした。少し離れた町にどんな店があるかはすぐ思いつきますが、地元にどんな店があるかよくよく考えてみるとわかりません。
今度妻と一緒に、家から徒歩圏内で行けるところを歩いてお店をめぐって見ようと思います。思わぬ発見があるかもしれませんし、これも生活のエッセンスの一つだと思います。
大きな刺激ではなくても、やはり住み続けた町への愛着があるので、これからは地元を大切にした生活も心がけていければと思っています。
井上会長のお話からまたひとついいものを得られたように感じています。

2015-02-28

井上会長の語る男の家事 その後の経過

結婚してけっこう経ちますが、家事は妻に任せっきり…というのは以前から変わりません。
けれどヒューマンアドバイザーの井上浩一さんがラジオでおっしゃっていたように、手助けしようとする気持ちが大事というのを信条に、少しずつ家事を手伝っていきたいと思うようになりました。
このあいだは料理を手伝いました。お恥ずかしながら、料理はまともに出来ません。妻がやってくれるというのもありますが、実家暮らしから結婚して二人暮らしになったので、一人暮らしの経験がないんです。実家では母が作ってくれていましたし、結婚後は妻が作ってくれていますし、自分が料理をする機会なんてまずなかったんです。
…いやいや、これはただの言い訳ですね。
包丁を握って大根をいちょう切りにするのすら苦戦する始末。薄く絶え間なく剥いていくかつらむきでしたか。あれをスラスラ出来る妻が信じられません。それを伝えたら「何事も経験と積み重ね」と笑顔で言われました。
聞けば妻も結婚したての頃は料理をほとんどしたことがなかったので、実家の義母に教えてもらったり私の母に教えてもらったり、個人的に料理教室に通ったり本を読んだりとそれは努力したそうです。夫である私が仕事をするから家のことを任された以上、家事のスペシャリストになろうと決意したそうです。
仕事は休日がありますが家事に休みはありません。料理なんて多い時は一日三回です。そりゃ上達しますよね。
話が脱線しました。とにかく妻の手伝いをして、時間はかかりましたがとても嬉しそうにしてくれたので今後も少しずつ続けていこうと思いました。

2015-02-21

井上会長の人間性を見習う

人間的にできている人というのは本当にいるもので、私にとっては井上会長がその人です。
そういった人の共通点として、「何事も前向きな考え方である」というのがあると思います。
井上会長もやはり前向きです。さらにラジオ番組で語る内容や口調を聞くと、どこか他人を落ち着かせてくれる雰囲気があります。
いままで一生懸命仕事をし、リタイアした後は安定した生活をおくることができていますが、それ意外にも何か始め、第二の人生の始まりとでも思って充実した毎日を過ごして行きたいなと思っています。
充実した毎日を過ごすためにできることは何かと考えると、やはり毎日を意識高く過ごすことだと思います。
私の場合、子どもたちはもうとっくに自立しているので一緒に暮らしている妻と協力して、何事も楽しみながら生活しています。
毎日がもう少し充実したものにならないかと趣味を何か作ろうと思っていたのですが、最近始めた家庭内菜園は妻に教えてもらいつつのめり込んでいるので、いい趣味を見つけられたなと思いました。
井上会長も多趣味の人だそうなので、同じことを始められるかは分かりませんが、少しでも充実した毎日にするために今後も趣味は増やしていきたいと思っています。
新しいことを始めていけば自然と視野が広がり、人間性も出来上がっていくと思います。何歳になっても成長できると思うので、まずは妻との生活や趣味を通してさらに人間性を高めていきたいと思っています。
今後の人生をより楽しく過ごしていくためにできることは何でも挑戦していくつもりです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。