--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-06-30

睡眠不足とスキンケア

乾燥肌で悩んでいるかた多いと思いますが、肌は20代を過ぎると乾燥しやすくなり、それだけケアを入念に行う必要が出てきます。よくお肌は20歳でUターンするなんて言われたりもしますが、なぜ20代を過ぎると肌が乾燥しがちになってしまうのでしょうか。
肌の乾燥の一番の要因といえるのが、酸化です。呼吸することで酸素を体内に取り入れていますが、その時、使い切らずに余った寝苦しい季節になってきました。まだ冷房を使うのは早いかなと思いつつ、夜じめじめと暑い日は試運転したい衝動にかられます。
夏本番が近づくにつれて、気温や湿度によって睡眠不足になる人は少なくないと思います。実際睡眠不足になると肌に悪影響なので、工夫して解消する必要があります。
最初に書いた通り、冷房を使うのも一つの手です。まだ夜は涼しいから窓を開けていれば大丈夫と思う人もいるかもしれませんが、防犯・乾燥・外の音などいろいろな要素を総合して考えると、時間を決めて冷房を使ったほうが暑い日は安心して寝られるのではないかと思います。
もちろんその時は、自分の体調と相談して体が冷えすぎないようにしてください。
睡眠不足になるとはっきりと肌に表れます。クマができたり、シミができたり、潤いやハリがなくなったりといったものが多いかもしれません。
毎日せっかくスキンケアをしているのに、睡眠不足になってしまってはそれもすべて無駄になってしまいます。肌を守るためにできることはたくさんありますが、しっかり睡眠をとることもとても大切なことです。
就寝3時間前までに食事を済ませる、寝る直前にパソコンや携帯画面を見ない、お風呂にゆっくりつかってリラックスしておくといったことが良質な睡眠に良いとされています。
私も寝る前の刺激にならないよう、就寝する1時間前にはテレビを消すようにしています。何かとニュースや情報番組など見てしまいますが、眼が冴えてしまうので止めました。効果ありなので、テレビ好きの人は試してみてください。
どうしたら良く眠れるかは人によって違います。まずは自分なりの快眠方法を見つけ、一つ一つ試していくといいと思います。
スポンサーサイト

2017-06-03

年齢を重ねることで乾燥肌が進む原因

乾燥肌で悩んでいるかた多いと思いますが、肌は20代を過ぎると乾燥しやすくなり、それだけケアを入念に行う必要が出てきます。よくお肌は20歳でUターンするなんて言われたりもしますが、なぜ20代を過ぎると肌が乾燥しがちになってしまうのでしょうか。
肌の乾燥の一番の要因といえるのが、酸化です。呼吸することで酸素を体内に取り入れていますが、その時、使い切らずに余った酸素が活性酸素に変化し、肌細胞を酸化させてしまうことを酸化と言います。
肌細胞が酸化してしまうと、乾燥しがちになり、ハリがなくなったり弾力が低下したりとシワ、たるみの原因になっています。
また、肌細胞の酸化以外にも、ターンオーバーのサイクルの遅れも乾燥を引き起こしてしまいます。20代までは約28日で肌の細胞が生まれ変わるのですが、30代を迎えるとなんと40日周期にまでなってしまい、肌の回復が遅くなってしまいます。ターンオーバーが遅れるということは、余分な角質がはがれずに残って分厚くなっていってしまうため、化粧水の浸透が悪くなり、手入れを怠ってしまうと乾燥肌を引き起こしてしまうのです。
その他にも、真皮層の働きの低下も大問題です。真皮層ではコラーゲンなどが多く働きかけているのですが、30代からこの動きが低下していきます。真皮層でのコラーゲン不足から肌の潤いが失われ、乾燥肌へと導かれてしまうのです。
このように様々な要因が重なり30代以降の肌はトラブルが起こりやすい状況になっていますので、しっかりとしたケアが必要になってくるということを再度認識してほしいです。

2017-05-22

美しさにつながる食事

スキンケアを行うことで、もちろん美肌を目指していけるのですがそれだけではなく、体の中からきれいになることで、より美しい肌を手に入れることができます。
体の中からきれいになるために大事になるのが食事です、よく自分の食べたものが自分の体を作ると聞くかもしれませんが、あながち間違ったことはいっていないと思います。ただ、ダイエットを意識しすぎて偏った食事になっていたり、美肌=コラーゲンやビタミンと思ってコラーゲンやビタミンの入っているものばかり気にして食べていたりしませんか?今までにもお話してきたかもしれないですが、食事はバランスが一番大切です。何かだけを偏って取るのではそれがいくら体に良いのもので、バランスが崩れてしまいます。太るからとお肉は食べないというのも、タンパク質不足になり、体調不良を起こしてしまいます。タンパク質不足になると、疲れやすく、眠りも浅くなってしまうので、体力が減退し、体調を崩しやすくなってしまいます。基本的には、様々な食材を食べることが大事なのですが、美肌につながりやすい栄養素というのはありますので、それをご紹介していきます。まずはビタミンAです。抗酸化作用があり、肌や粘膜を強くしてくれます。植物性食品の中ではβカロテンとして存在し、体内でビタミンAとして働きます。鶏レバー、うなぎ、ニンジン、ほうれん草、カボチャなどがビタミンAの摂取に効果的です。あとは、ビタミンCも美肌に大事な栄養素です。メラニンの働きを抑えてくれるのでシミ対策にはビタミンCです。パプリカやブロッコリー、イチゴやキウイなどの果物にも多く含まれています。そして最後にタンパク質も美肌のためにお勧めの栄養素です。卵や魚、赤身のお肉など、脂質を取りすぎない料理法でしっかり肉、魚も摂取して、タンパク質も摂取してほしいです。バランスの良い食事に大事な栄養素のちょっとした意識で全然違いがでてくると思いますので、是非意識した食生活を送りましょう。

2017-05-07

男性だってスキンケア

こんにちは。男性もスキンケアを気にする人が増えてきて私としては嬉しい限りなのですが、けっこう間違った認識を持っている人も多いようなので、いまさらな感じもありますが、男性のスキンケアについて基本的なことお話していこうと思います。
私が男性もスキンケアが大事と考えているのには3つの大きな理由があります。一つ目は実は、男性はニキビができやすいからです。毛穴の詰まり、皮脂の分泌はニキビの元です。男性ホルモンには、皮脂の分泌を促進する働きがあるうえに、肌の角質を増やしてしまう働きもあるので、女性以上に毛穴が詰まりやすいと言えます。
さらに、男性は乾燥に気づきにくいというのも大きなポイントです。本当は乾燥肌がゆえに、それ以上お肌の水分が蒸発しないようにと皮脂の分泌がされ、ベタベタした感じになるのを「油っぽいから何度も洗顔しよう」という間違いを起こしてしまっている方が多いからです。
そして、最後の理由は、男性は肌へのダメージが多いということです。働く男性の場合、毎朝(毎晩?)ひげ剃りをすることになるかと思います。刃物が直接当たるひげ剃りは、もちろん肌に負担をかけています。ひげと一緒にそいでしまった角質のバリア機能を補うために、しっかりとした保湿が重要なのですが、これを怠っている人が散見されます。
じつはこんなにケアが大事な状況なのに、いまだに洗顔はお湯だけ、お風呂上りも何もスキンケアはしていないという人が多いので、私たちの啓蒙活動がまだまだ必要そうです。
男性のおすすめスキンケア方法など今後またお話していこうと思います。

2017-05-01

忙しい朝の効率的なスキンケア

特に平日の朝は仕事へ行く準備や、子供たちのサポートなどでバタバタと過ごしてしまい、スキンケアしたいけど、ちゃんとできていないという方が多いのではないでしょうか。ただ、朝お化粧をする前にしっかりとしたスキンケアができるかどうかで、化粧のりも変わってきますし、化粧崩れを起こさないで済むことにも繋がりますので、朝の効率的なスキンケアを意識していきましょう。
まず、省けるものとしては、朝の洗顔フォームで洗顔です。寝る前にしっかりとクレンジングしていれば、寝ている間に付着する汚れはほこりや顔の余分な皮脂くらいですので、洗顔フォームを使わずとも、ぬるま湯で洗顔するだけで十分だからです。
また、洗顔後、化粧水や乳液を丁寧につけるのなら、朝からシートパックを活用することをお勧めします。念入りにコットンでつけている時間を短縮できますし、シートパックでしっかりと潤わせた肌は、化粧のりが良く、日中の化粧崩れも気にならなくなるはずです。また、朝から香りの良いシートパックをすることでリラックスでき、気持ち的にもリッチな気分になり、気持ちに余裕ができると思います。
スキンケアはただ塗るだけではなく、肌になじませて浸透させる時間が必要です。忙しい朝は何かをしながら行う“ながらスキンケア”が、もっとも短時間で準備ができる方法です。シートパックをつけている間に朝食の準備やヘアケア、その他の用意を済ませることができます。忙しい朝だからこそ、効率的な時間の使い方を意識しつつ、最適なスキンケアを行いましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。